遺品整理と四十九日について


遺品整理と四十九日について

四十九日は故人とのお別れを考えるうえで一つの区切りとなります。
ですから、このタイミングで遺品整理を始めるというケースも多いです。



故人が賃貸などにお住まいの場合には退去の期限などもありますので事前に片付けてしまう場合もありますが、形見分けなどは四十九日をめどに行われることが多いです。



故人の残したものに関しては、相続の問題も発生します。

遺品には、現金や銀行預金、証券類などもありますが、家財道具や衣類、貴金属類、自動車、絵画、骨董品などもあります。

生活用品などに関しては、遺品整理業者を利用して片付けてもらう場合もあります。遺品は全てが財産というわけではありませんが、なかには高額のものもあります。


高額のものの場合、相続税が発生するケースもありますので注意が必要です。四十九日は宗教上の意味もあり、仏教では故人の魂がこの日を堺にあの世に旅立つと考えられています。
仏教では四十九日を過ぎるまで故人の遺品に触れるのは避けるとされているため、遺品整理もこの日まで行わないという場合もあります。

ひとつの目安となる日です。


この日を利用して気持ちの区切りをつけて遺品整理を始めるというのも考え方の一つです。遺族にとっては、故人の使われていた物は、日用品であっても思い入れがあります。

片付けを始めることで悲しみが増してしまうこともあります。



しかし、どこかのタイミングで遺品を整理しなければいけません。

自分達で片付けられないときには遺品整理業者を利用することも考えてみるとよいです。

永代供養墓 東京の欲しい情報が手に入りました。